紫陽花の花言葉は浮気 ~官能小説を書きたい!~

【18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください】

『紫陽花』のペンネームで、オリジナルの官能小説を発表しております。
二次創作は無し。
好みのジャンルは近親相姦と、男女問わずの同性愛モノ。
女性向けの官能小説というわけではありませんが、女性が読んでも楽しんでいただけるお話を目指しております。

Amazon電子書籍【Kindle】版も販売しております。

暴君な姉

「ふ、あああっ! ね、姉ちゃん、それっ!」
「誰が止めて良いって言ったの」
「あうっ!」
 勝のペニスを半ば咥えながら、美鈴はいきり立った男根の根元を力いっぱい握りしめた。
「そうそう。アンタはアタシを気持ち良くさせることだけ頑張ってればいいのよ」
続きを読む

 衝撃だった。
 中学生の弟が、盗んだ姉の下着でオナニーをしていることが。

 美鈴は以前から、自分の下着がたびたび行方不明になるのがおかしいとは思っていた。
 高校生ともなれば、下着くらいは自分で買う。アルバイトで溜めたお金で可愛らしい下着を買うこともあれば、親の通販に便乗して実用一辺倒の下着をまとめ買いしてもらうこともある。
 だが、無くなるのは自分で買ったお気に入りばかりなのだ。さすがにお気に入りも一枚や二枚ではないので、最初は気付かなかった。しかし、気付いてからは枚数を気にしたりしていた。そして、常に一枚が行方不明となっていることが分かった。それが分かった一瞬、自分が履いているのを数えていないのかもと思ったが、そんなことも無く、やはり一枚が見当たらない。
 そして、無くなっていた一枚が見つかると、別の一枚が無くなるのだ。
 犯人は、意外と簡単に見つかった。
続きを読む

 ――ま、いいか。アタシの椅子じゃ無いし。
 弟の椅子よりも、自分の部屋着の方が汚れるのがイヤだと思った美鈴は、スカートを腰に上げて直に勝の椅子に座った。愛液が股の奥から滲み出す感覚がある。それを無視して、暴君な姉は勝のオナニー姿に侮蔑の視線を送った。
「恥ずかしいカッコ。姉の前で裸になって、女の下着で気持ち良くなるなんて、どんな気分?」
「は……、は……」
続きを読む

↑このページのトップヘ