紫陽花の花言葉は浮気 ~官能小説を書きたい!~

【18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください】

『紫陽花』のペンネームで、オリジナルの官能小説を発表しております。
二次創作は無し。
好みのジャンルは近親相姦と、男女問わずの同性愛モノ。
女性向けの官能小説というわけではありませんが、女性が読んでも楽しんでいただけるお話を目指しております。

Amazonで電子書籍【Kindle】版も販売しております。

 秋も深まり、学園の旧校舎へ続く並木道は見事な紅葉に染まっていた。目に鮮やかな赤や黄色の落ち葉が、旧校舎への小道を隙間なく埋めている。小道の脇にはベンチがいくつか設けられているが、それはさながら紅葉の海に漂う小船のようであった。
 小道の先には旧校舎があるが、新校舎群が完成してからは訪れる者も少ない。普段の授業で使われることも無く、いくつかの特別教室が稀に使われるくらいの為、生徒の中には旧校舎の存在を知らないものもいるくらいである。
続きを読む

「で、それからどうなったの?」
 レイナはチカとともに、駅前にあるケーキショップのエトワールでアイスコーヒーを飲んでいた。レイナの前にはチョコケーキが、チカの前にはブルーベリームースのかけられたレアチーズケーキがある。
 七月の最終日、二人は駅前のショッピングセンターに買い物に来ていた。二人で出かけるのも久しぶりだ。
続きを読む

 カードキーを通してレイナは部屋の鍵を開け、シズルと共に中に入った。
「わあ、スゴイ景色」
 レストランから見えた夜景はコンサートホールを含む様々な商業施設がライトアップされて綺麗だったが、客室から見える景色は海に面しており、煌々と灯りをつけて港を行き交う船がよく見えた。至る所で蛍のように小さな光が海面を滑っていく。
 脇に立つシズルの手に指を絡め、レイナはシズルを見上げた。少女の視線が、年上の恋人のそれと絡み合う。
続きを読む

 コンサート終了後、レイナはシズルや母親と共にホテルの最上階にあるレストランに向かった。事前にシホが予約を入れており、三人が案内されたのは夜景が見える窓際の席だ。想像通り、窓の外に広がる夜景は素晴らしく、レイナは感嘆の溜息を漏らした。
「ああ、これで先輩と二人っきりだったら……」
「あら、ママはお邪魔虫かしら? 子供のうちは親のすねを齧っていなさいな」
「分かってる。ママには感謝してます。ママ、大好き」
続きを読む

「ダブルのお部屋? ツインじゃなくて?」
「にゃはは、ママにお願いしたの」
 ロビーで待つというシホを残し、レイナはシズルと共にエレベーターで三十五階に上がった。ホテルは四十階建てで、最上階はレストランやパーティールーム、その下のフロアにはスイートルームがある。シホが取ってくれた部屋は普通の客室だが、最上階に近いために眺めが素晴らしい。
続きを読む

「先輩、デートはクラシックのコンサートに行きません?」
 学期末試験を翌週に控えた金曜日、昼休みの部室でお昼を食べながら、レイナはシズルと試験休みのデートの相談をしていた。
「あら、早速興味を持ってくれたのかしら?」
続きを読む

 レイナは、バイブレーターでシホを責めていたチカと場所を変わってもらった。シホは媚肉も菊門もさらけ出し、蜜壷には極太のバイブレーターが震えるまま挿し込まれている。
「ママ、チカも気持ち良くしてあげてね」
 M字開脚の姿で横たわるシホの脇に膝立ちになったチカは、クラスメイトの母親と目を合わせた。
「おば様……」
 喘ぐような表情でシホはチカに微笑むと、舌を突き出してチカを誘った。舌先が濡れ光る蛇のように揺れている。
 チカはシホの顔に跨り、少しずつ腰を落としていった。
続きを読む

 シホの肩を引いて少し下がらせたレイナはスポンジで自分の身体を泡立てると、母親の正面に回ったチカにスポンジを手渡した。そして、さっきのチカのように身体を母親の背中に密着させる。ささやかな自分の乳房を使い、シホの背中を洗い始めた。
 一方、チカはスポンジにボディソープを足して自分の身体にまぶすと、自分の乳首とシホの乳首を合わせるようにして身体を密着させた。そのまま円を描くようにして、乳頭をこすり合わせ始める。青い果実と熟した果実が刻々と形を変え、柔らかく潰れては肉感的に弾んでいった。
続きを読む

「ご馳走様でした」
「はい、お粗末様。お風呂が沸いてるから、二人とも先に入ってらっしゃい」
「はーい」
「お先にいただきます、おば様」
 篠崎家の浴室は普通の建売住宅に比べてかなり広い。シャワーや蛇口は一組だが、湯船も洗い場も余裕のある広さで、二~三人が同時に入っても狭さを感じないだろう。
続きを読む

「ふ、あああっ! ね、姉ちゃん、それっ!」
「誰が止めて良いって言ったの」
「あうっ!」
 勝のペニスを半ば咥えながら、美鈴はいきり立った男根の根元を力いっぱい握りしめた。
「そうそう。アンタはアタシを気持ち良くさせることだけ頑張ってればいいのよ」
続きを読む

↑このページのトップヘ