紫陽花の花言葉は浮気 ~官能小説を書きたい!~

【18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください】

『紫陽花』のペンネームで、オリジナルの官能小説を発表しております。
二次創作は無し。
好みのジャンルは近親相姦と、男女問わずの同性愛モノ。
女性向けの官能小説というわけではありませんが、女性が読んでも楽しんでいただけるお話を目指しております。

Amazon電子書籍【Kindle】版も販売しております。

 ガラリ戸の向こうに肌色が揺れている。翠の愛する父親が、妻の早季子と夜の営みに励んでいるのだ。
 ――アタシ、また覗いてるんだ……。
 両親の薄暗い寝室で、康史は早季子を四つん這いにさせ、後ろから腰を突き入れていた。父親の腰が母親のお尻にぶつかる度に、肌と肌が打ち付け合う乾いた音が聞こえてくる。同時に、母親の口からは遠慮のないオンナの声が溢れていた。
続きを読む

「ただいまぁ」
「おかえりなさい。今日はどこに行っていたの?」
 真奈美との話を終えた翠は、そのまま真っ直ぐに自宅に戻った。ダイニングで夕食の用意をしている早季子に声を掛け、リビングのゆったりとした本革製のソファに身体を沈める。
 お父さんと会社でセックスしてた、などとは言えるはずもない。ちょっとした破滅願望から正直に言ってみたい気持ちが僅かにあるが、それは本当に僅かである。それを告白したときの母親の顔を想像して、翠は無駄な破滅願望を抑えつけた。
続きを読む

「あー、えっと……」
(アタシのお父さんと、どんなセックスをしてるんですか? ……なんて、聞けるはずないし)
 なんとなく勢いで真奈美を誘ってみたが、何を聞けばいいのだろうか?
 さっきは翠の前で、真奈美が何かしらの秘密を握っていることを仄めかしていったが、その秘密についてはすでに康史から聞いている。もちろん、真奈美は秘密が完全にバレているなど思いもしないだろう。娘に対して自分の不倫を告白する父親など、常識的に考えてあり得ない。おそらくあれは、康史に対する牽制であったに違いない。
続きを読む

秘め事の系譜
百合純度100%!
女子高を舞台にした、女の子たちの恋愛模様。
鈴城女子学園中等部二年の篠崎レイナは憧れの先輩と恋仲になったが、それは学園に連綿と続く、女の子たちの秘密の花園への入り口だった。
初めは女の子同士の恋愛感情にも気付かなかったレイナだったが、先輩やクラスメイト、母親やその恋人に導かれ、女同士の淫らで甘やかな世界に目覚めていく。

秘め事の系譜 聖夜祭
学園非公認の恋愛互助会「鈴の会」主催のクリスマスパーティーが開かれる。
女の子たちだけの秘密パーティーの開催を、レイナは元恋人のシズルから告げられた。
リンやショウコ、シズルたちに誘われて、レイナは自称愛人のチカとともに甘くて淫らなパーティーの会場に足を踏み入れた。


秘め事の系譜 初詣・風邪
【初詣】篠崎レイナとクラスメイトの遠山チカは、友達以上、恋人未満の関係である。
キスもするし、肌も合わせる関係だが、チカは自分のことを「レイナの愛人」と自称している。
母親の勧めもあって、レイナはそんなチカとの関係をハッキリさせようと決意した。
【風邪】両親が久しぶりに、夫婦水入らずで旅行に出かける事になった。
レイナは初めて一人で留守番を任されたものの、タイミング悪く風邪をひいてしまう。
ベッドの中で心細くなりかけたレイナに、チカがお見舞いに訪れた。

実妹相姦 禁断の受胎
三年前に結婚した妹の静音が、実家に突然帰って来た。夫の明人とケンカをしたのだという。その晩、理由も話さず、静音は兄の聡に身体を求めてきた。久しぶりに妹を抱いた聡は、静音から子供が欲しいとねだられた。困惑した聡だったが、そこで夫とのケンカの理由を告げられる。泣き崩れる妹。
静音が明人のもとに帰った数日後、聡は義弟から妹と子作りをすることを頼まれる。


近親相姦目録 姉×弟
近親相姦目録 姉×弟 [Kindle版] 200円【Kindle Unlimited】
姉に本気の恋心を抱いている真司は、それを発散するために風俗に行くことにした。
風俗店のHPで嬢を探したところ、ついに自分好み=姉によく似た嬢を見つけだす。
早速予約し、ついでにオプションで姉と同じ高校の制服でのコスチュームプレイを希望する。
目的のお店を訪れる真司。
だが、真司の前に現れた風俗嬢は……。


近親相姦目録 娘×父: 第一章 少女の夢
三嶋翠は趣味と実益を兼ねて、援助交際という名の売春をしていた。
それは、とある想いを誤魔化す為であった。
実を結んではいけない、禁断の想い。
だがある日、翠がホテルで待ち合わせていた客は、彼女が想いを寄せる実の父親であった。
両思いであった二人は、そのまま男女の関係を結んでしまう。
この夜を境に、二人は母親の眼を盗んで背徳的な行為を重ねていく……。


近親相姦目録 娘×父: 第二章 乙女の園
晴れて父親と恋仲になった翠であるが、クラスメイトの遠山千佳にファザコンと揶揄されてドギマギしてしまう。
一方、千佳の方も、翠には言えない秘密を持っていた。


近親相姦目録 娘×父: 第三章 夫婦の閨
実の父親と禁断の関係を結んだ翠であるが、当然ながら家の中ではおいそれとイチャイチャするわけにはいかない。
欲求不満の募った翠は、両親のセックスを覗き見てしまう。
隙間越しに父親と母親の媚態を見ながら、翠は自分の身体が火照ってくるのが抑えられなかった。
絡み合う両親の性行為を覗きながら、翠は自分の秘所に指を挿し入れた……。

近親相姦目録 娘×父: 第四章 母親の恋
両親のセックスを覗き見した翌日、翠は母親とショッピングに出かけた。
昨夜の淫らな情景を思い浮かべつつ、母親と女性観について語り合う翠。
だが、母親の女としての感覚は、翠の想像を超えたものであった。


近親相姦目録 娘×父: 第五章 職場の伽
父親の提案で、オフィスで愛し合うことになった翠。
淫らに服を脱いでいき、仕事をしている父親の肉棒を含む。
やがて、お互いに我慢できなくなった二人は、唇を重ね、肌を合わせて絡み合う。
父親とのオフィスラブは、初めての夜を遥かに超える悦楽を翠の身体にもたらした。


近親相姦目録 娘×父: 第六章 父親の女
父親のオフィスで濃厚なセックスを楽しんだ翠であったが、情事の前に父親の秘書である真奈美の存在が気になった。
どうやら真奈美は、父親と肉体関係にあるらしい。
父親からその事実を直接聞いた翠は、真奈美に興味を抱いた。
父親との情事の後、翠は真奈美と話をしてみることにした。


近親相姦目録 娘×父: 第七章 級友の手
クラスメイトの遠山千佳は翠のことが好きである。
翠は母親からそのことを知らされたが、千佳自身は翠が知っていることを知らない。
千佳は自分の想いを冗談に乗せて、翠に少し淫らなちょっかいを出してきていた。


近親相姦目録 娘×父: 第八章 父親の舌
母親の早季子が友人たちとの夕食会に出かけた夜、翠は父親と自分の部屋で愛し合っていた。
ひたすら娘の身体を舐め回す父親。
そして父親の舌と肉棒は、娘のアナルへと向かっていった。


ロワゾ・ブルー: 耽溺①
ロワゾ・ブルー: 耽溺① [Kindle版 ] 100円【Kindle Unlimited】
それは、誰にでもあったかもしれない、懐かしいお話。
中学受験に合格した篠崎レイヤは、両親と共に温泉旅行に来ていた。
深夜の露天風呂をレイヤが一人で楽しんでいると、一緒に旅行に来ていた叔母のサチコも入ってきた。
恥ずかしげもなく豊満な裸身を晒す叔母。
温泉と、勧められるままに飲んだお酒のせいでのぼせてしまったレイヤは、叔母の部屋で甘い介抱を受ける。


ロワゾ・ブルー: 耽溺②
ロワゾ・ブルー: 耽溺② [Kindle版] 100円【Kindle Unlimited】
小学校最後の年、レイヤはクラスメイト達と共に、ネットでエロ動画を楽しんでいた。
ところが、クラスメイト達の性的な興味は、いつの間にか画面内のエロ動画からレイヤ自身に向かってきた。
容赦のないクラスメイト達に、レイヤは抵抗むなしく裸に剥かれてしまう。
幼い性の欲望が、同性の少年に向かってストレートにぶつけられた。


ロワゾ・ブルー: 耽溺③
ロワゾ・ブルー: 耽溺③ [Kindle版] 100円【Kindle Unlimited】
放課後、タイチを除いた三人に呼び出されたレイヤは、幼馴染みのチカにバラされたくなければ言うことを聞くように脅迫された。
仕方なく、レイヤはクラスメイト達の肉人形となり、口と手と身体で性的な奉仕をすることとなってしまった。


ロワゾ・ブルー: 耽溺④
ロワゾ・ブルー: 耽溺④ [Kindle版] 100円【Kindle Unlimited】
レイヤの様子がおかしい事に気付いたタイチは、レイヤの幼馴染みのチカと共に学校中を探し回った。
途中、チカにはレイヤへの想いを知られてしまったが、タイチはレイヤを探し出すことが出来た。
そして、クラスメイト達に凌辱されているレイヤを見た瞬間、タイチは爆発した。


ロワゾ・ブルー: 耽溺⑤
ロワゾ・ブルー: 耽溺⑤ [Kindle版] 100円【Kindle Unlimited】
タイチとの間に溝ができてしまったレイヤは、チカにどうすればいいのか相談した。
対するチカの勧めは、レイヤにとって予想外のものであった。
レイヤが女の子のような容姿であったことがそもそもの発端なのだから、『女の子』としてタイチとデートをすればいいというのだ。
チカの手で完璧な美少女となったレイヤは、鏡に映った自分自身の姿に思わず見惚れてしまう。


ロワゾ・ブルー: 耽溺⑥
ロワゾ・ブルー: 耽溺⑥ [Kindle版] 100円【Kindle Unlimited】
タイチとのデートを楽しんだレイヤは、思い切ってタイチを自分の部屋に誘った。
そして自分の気持ちを素直に伝え、友達ではなく恋人として付き合った欲しいと告白した。
一瞬の躊躇の後、レイヤを受け入れるタイチ。
唇を重ね、肌を合わせ、二人はお互いの身体を求め合った……。


 普段、家でするのと変わらない雰囲気で翠と康史は話しているが、話の内容は、父と娘の会話としてあり得ない。二人の会話の中で、何度『セックス』という単語が出たであろうか。
 それに、深刻な雰囲気などまるでないが、これは父親の告解でもある。父親が別の女と関係を持っている。それに対する翠の反応は、やはり単純なものではなかった。今の翠は、父親の娘にして恋人なのだ。言葉尻に嫌味の成分が含まれてしまうのも仕方のないことであろう。
続きを読む

 翠が秘密にしているのは、援助交際をしていたということと父親との禁断の関係である。
 一方、康史はそれなりに年齢を重ねているので、個人的な秘密もあるだろう。だが、男の、妻に対する秘密と言えば、やはり女性関係であることが多い。
「まあ、奥さんに秘密って言ったら、不倫とかの女性関係だよね。……男性関係の場合ってあるのかな?」
続きを読む

「かも、じゃなくて、その通りだよ。フツー、お父さんの方が止めるでしょうに。ああ、でも、弟か妹は欲しいかも」
「そうか……。それじゃあ、お父さん、母さんと頑張っちゃおうかな」
「頑張ってね、パパ」
「ぶっ。……ふ、くくく……」
「あははっ!」
続きを読む

 翠が唯一身に着けているブラウスをかき分けて、康史は自分の肉棒を蜜壺に収めている娘の腰に手を添えた。そして、翠のほっそりとした腰骨に合わせてさすり始める。
「ん……、ふう……」
 そこは別に、性感帯というわけではない。だが、康史の触り方はとても淡く優しく、そして気持ちが良かった。身体を満たしている快感はそのままに、悦楽の感覚を練り上げていくような手付きである。下半身にわだかまっている白い感覚を喉元に向かって持ち上げていく、そんな感覚。
続きを読む

 社長室のカーペットは毛足が長く、足音はほとんど響かない。翠の背後で、真奈美の気配が足音もなく遠ざかっていく。やがて扉が開き、閉じる音が聞こえると、翠は康史に力いっぱい抱き付いた。
「お父さん! ギュッとして! ギュッと!」
「ちょっとイジワルし過ぎたかな?」
「ちょっとどころじゃ……ない……っ」
続きを読む

 翠は、何かおかしな具合に自分の心が興奮してくるのが分かった。分かったのだが、止めることができない。
 たくし上げていたスカートを下ろした翠は、父親に背を向けたまま身なりを軽く整えた。そして、学園での礼法の授業を思い出しながら、優雅にデスクを回り込んで父親の隣に立つ。軽く深呼吸した翠はスカートのジッパーを緩め、手を離した。白いフレアースカートがふわりと舞うように少女の足元に広がり、女子高生のむき出しの下半身が父親の隣で露になる。中途半端に素肌を晒すその姿は、全裸以上に妖しく淫らだ。
続きを読む

↑このページのトップヘ